帽子と併用して使うウィッグ

帽子と併用して使うウィッグ

帽子と併用して使うウィッグ 脱毛症や抗がん剤などで髪の毛がほとんど抜けてしまった場合、頭部全体をカバーするタイプの医療用ウィッグが使われます。そして頭部全体をカバーするウィッグの中でも、特に通気性が高く、なおかつ見た目もカバーしやすいのが、帽子用ウィッグです。
このウィッグは後頭部がメッシュ素材になっているため、通気性がとても高いです。医療用ウィッグを利用する方の多くは、病気により髪の毛が抜けているため、肌が敏感になっています。少しの汗でも炎症を起こす恐れがあるため、収縮性・通気性の高いウィッグが求められるのです。このウィッグはとても通気性が高いのですが、後頭部の通気性を確保するために、髪の毛は前髪部分と後ろ髪部分しか付いていません。そのため、メッシュ素材の部分を隠すために、手持ちの帽子をかぶる必要があります。ですが後頭部がメッシュ素材になっていることで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。また、前髪・後ろ髪の部分は様々な長さのものがあり、アレンジもできるので、ヘアアレンジを楽しむことも可能です。

医療用ウィッグでオシャレを楽しむ

医療用ウィッグでオシャレを楽しむ 抗がん剤治療や脱毛症などが原因で、髪の毛が抜けてしまったり生えてこなかったりすることに対して救いの手となるのが医療用ウィッグです。
一般的なウィッグはオシャレを楽しむために利用するものですが、医療用ウィッグは病気やケガによる頭髪トラブルに対して患者の精神的なストレスを緩和する目的があります。
しかし医療用ウィッグだとオシャレができないというわけではなく、髪飾りなどでヘアアレンジすれば、毎日のオシャレを楽しむことが可能です。可愛い雰囲気やモードな雰囲気を作ることができるターバンを使ってヘアアレンジすれば、毎日のヘアスタイルに変化を付けることができます。完成度の高いスタイリングを行いたい場合はターバンで巻き髪を作るのではなく、ストレートアイロンを使って波ウェーブを作る方法もあります。
医療用ウィッグの種類にもよりますが、アクセサリーを使った方がウィッグっぽくなりませんリボンとペアのカチューシャと髪留めを使えば結婚式のお呼ばれにも対応することができ、色違いのリボンを少しずらして使うととても可愛いです。治療が決まると髪飾りを捨ててしまう人がよくいますが、もったいないので捨てないようにしましょう。