医療用ウィッグの情報が満載!

医療用ウィッグの値段は普通のかつらよりも高い?

医療用ウィッグの値段は普通のかつらよりも高い? 医療用ウィッグは、使い心地やより自然さを追求して丁寧に作られているので普通かつらに比べて値段が高くなります。
医療用ウィッグと普通のかつらが大きく違う事は髪質です。
医療用は人毛や人毛と人工毛をプラスしたものが多く使われています。
髪が自然に見えるように加工され、つむじや分け目なども丁寧に植毛されているのでふんわりとした自分の一部になるような仕上がりになっています。
普通のかつらはほとんどが人工毛で作られ機械での大量生産がされている事が多く違和感が出てしまう事もあります。
使い心地に関しては、医療用ウィッグは病気やけがによって求められているため、デリケートな肌にも優しい素材が使われ頭が蒸れしまう事がないように通気性が考えられています。
そして、ずれてたり不自然さが出ないようにアジャスターがつけられていたり伸縮がよい素材でしっかりと肌に密着します。
普通のかつらではそこまでの使い心地は考えられていません。
2つの違いをみると、医療用ウィッグのこだわりから値段が高くなる理由がわかります。

医療用ウィッグに保険は使える?

医療用ウィッグに保険は使える? 医療用ウィッグは、ガン治療や怪我によって髪の毛が抜けたり、少なくなった場合に使用されることが通常のファッションウィッグとの大きな違いになります。
また、ファッションウィッグが人工毛を用いて廉価な商品からあるのに対し、実際に人の毛によって作られている商品が多いなど、高価な点も違いの1つになります。
医療用ウィッグへの保険は、現在、医療費控除も含めて認められていません。
保険は適用されず、購入をする際は全額自己負担となります。
一方、医療費控除共に稀なケースとして適用となった事例も報告されており、ここでは医師の判断によって適用を受けています。
医療用ウィッグは、例えばがん治療によって髪の毛が抜けてしまったような場合には、がん保険によっては補償を設けているケースもあります。
また、ウィッグ販売を行っているメーカーでも大手などではがん治療患者に対して支援を行っているところもあります。
ここでは患者が日常生活を不安なく送ることができるように支援体制を設けており、通常価格より安く商品を購入をすることができるようになっています。