医療用ウィッグの賢い選び方

医療用ウィッグの賢い選び方

医療用ウィッグの賢い選び方 何かしら頭髪トラブルがある時や抗がん剤の治療中、もしくはその状況に備えて医療用ウィッグをつけることがありますが、特に女性の場合、できれば他の人からそうとはわからないようにしたいという気持ちもありますので、よい医療用ウィッグをきちんと選択することが大切です。
まずはその選び方ですが地肌の部分もしっかりとあるタイプを選択しましょう。正面からはわからなくても上から見られた時に地肌の部分があるほうがわかりにくくなります。また毛髪の素材ですが、人毛100%のタイプのほうがドライヤーやヘアアイロンなどを使用する場合には扱いやすいですが、最近では人工毛も進んでいますので少し入ったタイプでも熱に耐えられますので、値段なども考慮して選ぶとよいでしょう。髪の長さですが、そのまま長さを変えずにつけることもできますが、少し長目を選んで美容院などで事情を話してカットしてもらえばいっそう自然な感じにすることができます。

子どもが使う医療用ウィッグの選び方

子どもが使う医療用ウィッグの選び方 抗がん剤などによる副作用で髪の毛が抜けてしまう患者は、幅広い世代で多く見られます。特に、小さな子どもにとっては非常に心が傷ついてしまうケースもあるのです。そのような時にや頼りになると評判を集めているのが、医療用ウィッグです。子ども専用の医療用ウィッグが販売されていますので、頭のサイズや形にぴったりと合う商品をじっくりと選ぶことができます。髪の毛のカラーも豊富に用意されていて、自然なものをチョイスして楽しめる点も喜ばれているのです。
さらに、大人とは異なり幼児は頻繁に走るなど動き回ることが多くあります。激しい動きでウィッグがずれてしまわないように、しっかりと頭にフィットしたサイズを見つけることが肝心です。このように、医療用ウィッグの選び方としては、通気性が良く小さな子でも嫌がらないような締め付けの少ない商品に決まることがなによりも重要といえます。これからも患者に寄り添うために質の高い商品に進化していきます。